TOP 会社情報沿革

沿革

History

1923年

中島材木店として製材所を創業

1966年

7月

中島製材株式会社に法人組織化し、会社創立

1970年

7月

銘建工業株式会社に社名変更し、集成材生産を始める

1971年

8月

集成材JAS認定工場となる

10月

製材JAS認定工場となる

1973年

3月

久世工場(桧製材工場)完成

1984年

12月

エネルギーセンター(175kW)完成

1985年

8月

構造用大断面集成材製造ライン完成

1986年

10月

JAS製材品普及推進展示会において農林水産大臣賞を受ける

1987年

8月

大断面工場完成

1994年

7月

本社工場に集成管柱製造ライン完成

1996年

11月

第35回農林水産祭において天皇杯を受ける

第35回農林水産祭において天皇杯

1997年

2月

オーストリアに、合弁会社LAMCO社を設立

12月

本社工場内にエコ発電所(1950kW)完成

2000年

12月

本社工場に中断面集成材量産ライン完成

2003年

4月

RPS法施行に基づき電力販売の開始

8月

真庭流通センター完成

2004年

7月

ISO9001:2000の認証を取得
(現在はISO9001:2015に移行)

8月

木質ペレットの製造開始

2005年

4月

東京事務所開設

7月

ジョイント工場完成

9月

愛・地球博で「持続的な未来をつくる100の地球環境技術」
に選ばれる

木質バイオマス発電技術 愛・地球賞

10月

LAMCO社の合弁を解消

2006年

4月

株式会社ラムセル設立
旧LAMCO社(SET社)製品販売の事業を承継

2007年

3月

日本政策投資銀行による「環境格付認定」を受ける
(岡山県第1号)

2008年

5月

協同組合くまもと製材稼動(筆頭出資者・総販売元)
(2013年8月、株式会社に組織変更)

2009年

4月

森林認証制度PEFC-CoC認証を取得

2011年

4月

森林認証制度FSC®-CoC認証を取得

2012年

1月

高知おおとよ製材株式会社設立(筆頭出資者・総販売元)

7月

本社工場にCLT製造ライン完成

2013年

2月

真庭バイオマス発電株式会社設立(筆頭出資者)

2016年

3月

CLT工場完成

2017年

12月

(公財)中小企業研究センター主催「グッドカンパニー大賞」グランプリを受賞
経済産業省 「地域未来牽引企業」 に選定